にしだいくひさ                                      
西田郁久
出身:京都市
趣味:○○ からのCoQ抽出
研究者情報:http://researchmap.jp/read0150253/

-略歴-
2004年 京都府立洛北高等学校 卒業

2008年 島根大学 生物資源科学部 卒業
(生物資源科学学士)、島根大学児童文化研究班 卒班
(応用微生物学研究室にて分裂酵母を用いたCoQ10の高生産を行った)
2010年 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 修了(バ イオサイエンス修士)
2016年 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 修了(バイオサイエンス博士)
※  2011年4月〜2013年3月 日本学術振興会特別研究員(DC2)
※※ 2008年4月〜2016年3月 ストレス微生物科学研究室 (高木研究室)
2016年 4月〜現在 島根大学 研究・学術情報機構 総合科学研究支援セ ンター 遺 伝子機能解析部門 客員研究員
2016年 5月〜2017年 2月 島根大学 生物資源科学部 博士研究員
2017年 5月〜2018年 2月 島根大学 生物資源科学部 博士研究員


2016年度より応微に戻り、 CoQの研究しております。また、よろしくお願い致します!

<論文発表>
Shiho Morisada, Ikuhisa Nishida, Makoto Kawamukai, Hiroyuki Horiuchi, Ryouichi Fukuda. Suppression of respiratory growth defect of mutant deficient in mitochondrial phopholipase A1 by overexpression of genes involved in coenzyme Q synthesis in Saccharomyces cerevisiae. Biosci. Biotechnol. Biochem. (in press)

Ikuhisa Nishida, Daisuke Watanabe, Hiroshi Takagi: Putative mitochondrial α-ketoglutarate-dependent dioxygenase Fmp12 controls utilization of proline as an energy source in Saccharomyces cerevisiae. Microbial Cell., 3 (10) 391-397 (2016)


Ikuhisa Nishida*, Daisuke Watanabe*, Ariunzaya Tsolmonbaatar, Tomohiro Kaino, Iwao Ohtsu, Hiroshi Takagi: Vacuolar amino acid transporters upregulated by exogenous proline and involved in cellular localization of proline in Saccharomyces cerevisiae *These authors contributed equally to this work. J. Gen. Appl. Microbiol., 62 (3) 132-139 (2016)


<学会発表 (CoQ関連のみ)>
The 9th Conference of the International Coenzyme Q10 Association (ニューヨーク市、2018年6月)
ANALYSIS OF COENZYME Q SPECIES FROM VARIOUS NATURALLY ISOLATED YEASTS AND GENES RESPONSIBLE FOR SIDE CHAIN MODIFICATION
○Jomkwan Jumpathong, Ikuhisa Nishida, Kohei Nishino, Yasuhiro Matsuo, Tomohiro Kaino, Makoto Kawamukai

第59回日本生化学会中国・四国支部例会 (米子市、2018年5月)
Analysis of modified coenzyme Q10 from fungi and investigation of its responsible gene
○Jomkwan Jumpathong, Ikuhisa Nishida, Kohei Nishino, Yasuhiro Matsuo, Tomohiro Kaino, Makoto Kawamukai 

第59回日本生化学会中国・四国支部例会 (米子市、2018年5月)
コエンザイムQ10の生合成に関与する新しい遺伝子の発見と機能解析
西田郁久、大森夕貴、柳井良太、松尾安浩、戒能 智宏、川向誠 

日本農芸化学会2018年度大会 (名古屋市、2018年3月)
コエンザイムQ10の生合成
に関わる新しい遺伝子の発見と機能解析
西田郁久、大森夕貴、柳井良太、松尾安浩、戒能 智宏、川向誠
※トピッ クス賞受賞

日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会 (関西支部第500回記念講演会・中四国支部第49回講演会・西日本支部第320回講演会(堺市、2017年9月)
コエンザイムQ10の生合成に関わる新規因子の発見
西田郁 久、柳井良太、松尾安浩、戒能智宏、川向誠

日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部 2017年度合同大阪大会 (関西支部第500回記念講演会・中四国支部第49回講演会・西日本支部第320回講演会(堺市、2017年9月)
Investigation of coenzyme Q species in naturally isolated yeasts
Jomkwan Jumpathong, Ikuhisa Nishida, Kohei Nishino, Yasuhiro Matsuo, Tomohiro Kaino, Makoto Kawamukai

イソプレノイド研究会 (船橋市、2017年9月)
新規なコエンザイムQ生合成遺伝子の発見
西田郁久、大森夕貴、柳井良太、松尾安浩、戒能智宏、川向誠
※発表奨励賞受賞

日本農芸化学会2017年度大会
(京都市、2017 年3月
出芽酵母におけるホスホリパーゼA1の生理学的機能の解析
森貞志穂、西田郁久、川向誠、堀内裕之、福田良一

支部創立15周年記念 日本農芸化学会中四国支部第47回講演会(
松江市、2017 年1月)
Identification of coenzyme Q produced in various natural yeasts
○Jomkwan Jumpathong, Ikuhisa Nishida, Kohei Nishino, Yasuhiro Matsuo, Tomohiro Kaino, Makoto Kawamukai


第39回日本分子生物学会年会(横浜市、2016年12月)
分裂酵母でのCoQ10生産性の検討
戒能智宏、西田郁久、横見和誠、松尾安浩、○川向 誠

第34回イーストワークショップ (松江市、2016年11月)
コエンザイムQ10を高生産する分裂酵母の育種を目指したスクリーニング
○高田将伍、柳井良太、大森夕貴、渡子開、松本早代、西田郁久、 戒能智宏、川向誠

日本農芸化学会2011年度大会(京都市、2011年3月)
分裂酵母でのCoQ10生産性の検討
○細野耕司、西田郁久、林 和弘、戒能智宏、中川強、川向誠

日本コエンザイムQ協会第7回研究会 (八王子市、2010年1月)
分裂酵母のCoQ10生産量の増加について.
○細野耕司、西田郁久、林和弘、戒能智宏、中川 強、川向誠

日本農芸化学会中四国支部第24回講演会 (松江市、2009年5月)
分裂酵母を用いたCoQ10高生産の試み
○細野耕司、林和弘、西田郁久、戒能智宏、中川 強、川向誠

第26回イーストワークショップ (松江、2008年11月)
分裂酵母を用いたCoQ10高生産株の作製及び培養条件の最適化
○細野耕司、西田郁久、藤井誠、林和弘、中川強、 川向誠

第25回イーストワークショップ (東広島市、2007年11月)
分裂酵母を用いたCoQ10高生産に関する研究
西田郁久、藤井誠、林和弘、中川強、川向誠